忍者ブログ

Cat-tail Room

幻想をより極める・・・ オリジナルファンタジック小説中心ブログサイトです。
HOME  >  ゲーム語り  >  FFTA
[13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3

FFTA 

ファイナルファンタジータクティクスアドバンス
  発売日:2003/2/14
  ハード:ゲームボーイアドバンス
  ジャンル:シュミレーションRPG

キャラクター
 マーシュ→くせっ毛が特徴の主人公。FFTのラムザによく似ている。弟に対して優しい。
 モンブラン→最後の最後まで後攻をカバーしてくれたモーグリ。
 リッツ→FF5のファリスみたいな少女。好奇心旺盛だが自分自身の髪にコンプレックスがある。
 シャアラ→リッツに正しい道を悟ってあげたヴィエラ。
 ミュート→世界の創造した人物ともいえる。自分が願っていることばかりを現実に出来る世界・・・でも本当の現実はそんな夢見心地な世界じゃないと思うんだ。
 バブス→ミュートの傍にいながらも道を正してあげなかったン・モウ。リッツとシャアラ、そしてマーシュとモンブランのコンビとは裏腹なコンビともいえる。
 エゼル→アンチロウを生み出した人物。その強大な力ゆえにジャッジに追われる日々。ジャッジ・シドが出てきたとしても捕まらない程。
 シド→ミュートの父として今回は登場。最後の最後でマーシュたちに味方してくれる。
 ドネット→マーシュ自身をコンプレックスとしている弟。病気がちだが、ED後は吹っ切れてゲーマーとなる(ぇ
 レドナ→ラジオを結構聴いていたためか、レドナ=マーシュだと思っていたが、原作はまさかのレドナ=ミュート。どうしたらあんなやつが出来るんだよ・・・JK。
 レメディ→ミュートの思うままに王国を操る存在。結局は幻想ともいうべき存在である。

 グラン=グリモア→多分物語の中のラスボスだと思うほどの影響力をもつ。
 リアルでもかなりの名をもっておりその影響力は「イヴァリース? なにそれ美味しいの?」である。
 「ソロモン王の著作とされ、通常「大魔法書」と呼ばれる書物。粗雑な空想に根差した招霊や天使召喚の典礼魔術を取り扱っており、本質的にデーモン学の伝統を無視した文書に過ぎないと指摘される」
 つまりは現実世界における「召喚魔法書」というべき存在。魔物だけではなく精霊から天使まで全てを召喚できたりする。とまで言われているぐらい。
 もうレメディ=ラスボスというレベルを遥かに超えている・・・すげーよ、良く分からないけどさ。

難易度
意外と簡単。ラスボスはゴリ押し+アレイズがあればなんとかできる。

* * * * * *

タクティクス系統をやるのはこれで2つ目。
GBAならではの可愛らしいドット、そして豊富なジョブ+武器、防具からアビリティ入手はかなり面白いシステムである。
ロウシステムはTA2よりも空気だが、しっかりとアンチロウで対策をしてないとボス戦、ラスボスで泣く羽目になるので要注意。
PR
≪ FFTA2HOMEFF9 ≫

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Message
Color
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret  チェックすると管理人にのみ表示されます。

TRACKBACK

TrackbackURL:
≪ FFTA2HOMEFF9 ≫

最新

プロフィール

HN:
キャットティル
性別:
女性
趣味:
絵描き、ゲーム、小説の読み書き
自己紹介:
マイペース猫。
RPG大好き猫。
そして、原作を愛してオリジナルを愛するのがモットーの猫。

ブログ内検索

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新コメント

[03/21 †邪神†]
[03/21 ハゲ様]
[03/15 ラリア(ネカフェから]
[12/20 ろう・ふぁみりあ]

忍者アナライズ

Copyright © Cat-tail Room All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫  Template by katze
忍者ブログ [PR]